出展者 Exhibitors

あたぼう (ATABO CO,LTD.)

万年筆ユーザーさんにはおなじみの飾り原稿用紙、ふたふで箋と首からペンを下げるペネック、4本挿せるペンホルダーを展示します。

スライド手帳
安心堂 (ANSHINDO)

安心堂の手動式小型パッド印刷機「なんでもくん」は、製版から印刷まで一貫して内製化が可能な印刷機です。印刷の受注も行っております。名入れなど印刷でお困りのことがございましたらなんでもご相談ください。

手動式小型パッド印刷機「なんでもくん」
革の文具と手製本 [&B] アンド・ビー ([&B] –  Leather Stationary and Book
Bindings-)

ワークショップやオーダーで、使い手と一緒につくる、オリジナルの革文具のお店です。タンニン鞣しのイタリアンレザーや廃盤ステーショナリーペーパーで、万年筆に適した革装ノートやペンホルダーを出品します。手縫いワークショップも開催。

石丸文行堂 (Ishimarubunkodo)

~カラーバーインク~
バーでカクテルを楽しむように、その時々の気分に合わせて色を選べるオリジナルインクです。
~長崎美景~
長崎が国内外の人々を惹きつけてやまない魅力の数々をペンとインクで表現し,、手書きの時間を美しく演出します。

~カラーバーインク~
笑暮屋 (Eboya)

笑暮屋(えぼや)は「日興エボナイト製造所」の万年筆ブランド。日本で唯一、世界でも数社しか残っていないエボナイトの製造所。希少なこの素材の魅力を世界に向けて万年筆を通して発信し続けています。

大橋堂 (OHASHIDO)

創業1912年  今も昔も足踏み轆轤で軸を轢きオリジナルペン先を調整し仕上げたどこか懐かしさを感じぬくもりのある万年筆です。

カカイ堂 (KAKAIDO)

茨城は常総市、水海道駅前の文房具店さんです。店名の由来はは「花魁(おいらん)」と書いて「花魁(かかい)堂」。江戸時代の終わり頃より筆製作を生業とし、現在は筆と同様に万年筆を中心の店舗作りをしております。ビンテージの革巻万年筆他を中心に豊富な数の万年筆をお試しあれ。

カキモリ (Kakimori)

絵の具メーカーのターナーと共同開発した万年筆用顔料インク。インクを吸い上げて使うローラーボール。表紙や中紙を選んで作るオーダーノートは、普段店頭では置いてない「万年筆をたのしめる中紙」をご用意します。

表紙や中紙を選んで作るオーダーノート
カミテリア (kamiterior)

ペンと相性の良い紙を選んで1冊にまとめたメモブロックをはじめ、様々な質感の紙ごと、同系色の違った質感の紙ごとにまとめたメモブロック。トレーシングペーパーだけのメモ等、紙にこだわった商品取り揃えています。

メモブロック
川西硝子 (kawanishi glass)

川西硝子さんのつくるガラスペンはペン先の溝から柄の装飾に至るまで全て一点もの。丹精込めて作られた精度の高いガラスペンは書き心地がとても滑らかで、一度インクを浸けると、およそ300~500文字の連続筆記が可能。美しさと実用性を兼ね備えた逸品です。

キングダムノート (KINGDOM NOTE)

キングダムノートオリジナル商品、万年筆 (セーラー 京野菜シリーズ/セーラー 世界のことわざシリーズ/プラチナ 出雲 黒柿&洋桑)
およびオリジナルボトルインク各種 (日本の生物シリーズ/源氏物語シリーズ/京野菜シリーズ/世界のことざわシリーズ)

京野菜シリーズ

 

クリスエール (Chriselle)

いつも『世界に1本』を目指すからこそ奇想天外なアイデイアを形に、あらゆる素材からブロックを創り旋盤機にかけるまでを一人でこなす、確かな技術で決して妥協しない頑固な職人です!

Chrielle
神戸派計画 (KOBEHA)

万年筆ぬらぬら派のために開発した〈GRAPHILO〉の紙製品および万年筆画家サトウヒロシ氏とのコラボノート〈KoNCREAT〉の販売。また、在庫限りの万年筆用紙Liscio-1商品も販売予定。

〈KoNCREAT〉
工房 楔 (koubou setu)

楔(せつ)・・・木と契りを交わすと書きます。木に新たな命を吹き込み人が木の魅力と温もりを感じて共に生きていく、そんな懸け橋をすることを木と契りを交わし皆様に使っていただける家具や小物などを作り活動しています。

パトリオットペン

国宝堂 (Kokuhosha Book Binding Co., Ltd)

ましかく帖
かわいい“ましかく”をかばんに入れて、ちょっとお出かけ。一つひとつ職人の手で綴じられた和綴じノート。江戸時代の公文書に用いられていた高級和紙「奉書紙」を使用しており、大切なことを書き記しておくのに最適です。

ましかく帖

サトウヒロシ (HIROSHI SATO)

万年筆画家サトウヒロシによるデモンストレーション「万年筆で絵を描こう」とワークショップ「万年筆ラクガキ体験」開催します。絵心不問!カラーインクとぼかし表現で広がる色の世界をお楽しみください。
【告知】ワークショップ「サトウヒロシの万年筆ラクガキ体験[ver.FULL]」@東京インターナショナルペンショー2018(要予約)

  • テーマ:「秋の味覚」を万年筆で描く
  • 定 員:各回12名(先着順)
  • 参加費:2500円(税込)
  • 参加特典:オリジナル限定ポストカード、他

お申込みはこちらから!↓
https://ink-drawing.amebaownd.com/posts/4834168

趣味の文具箱 (Shumi no Bungubako)
万年筆の森、インクの沼へ皆さんを笑顔で送り込む雑誌!「趣味の文具箱」も参加します。いつもは通信販売だけの、魅惑のオリジナル万年筆、ペンケース、システム手帳などを並べてお待ちしております!
魅惑のオリジナル万年筆、ペンケース、システム手帳
尚貴堂(Shokido)

尚貴堂は、名古屋で活動する一人文具メーカー。ノック式という変わったギミックを持つペンシースや、マグネット式システム手帳の下敷きなど、新感覚の文具を多数お持ちします。

ツヴァイ ノック式ペンシース
スティロアート軽井沢 (Stylo Art Karuizawa)

スティロアート軽井沢オリジナルの手作り万年筆。木の手触り、色、杢の複雑さ、香りを楽しむ万年筆。そして新作の彩雲塗、蒔絵、漆の万年筆もご覧頂けます。

アサマ ASAMA

セーラー万年筆 (THE SAILOR PEN CO.,LTD.)

透明ボディの万年筆と注目のカラーインクを中心に、色が楽しめるアイテムを提案。もちろん国産ならではの本格的な金ペンモデルも豊富にご用意。また、万年筆のような書き心地の液体ボールペン等、万年筆以外も紹介。

セキセイ株式会社 (SEKISEI)

輪島塗ボールペン「雅風」は、伊勢志摩サミット2016・G7首脳会議に公式筆記具として採用され、オバマ氏をはじめ各国首脳の手に渡り、お持ち帰り頂きました。「雅風」は創作師 東山雅風の世界平和を願う思いが込めたデザインです。

輪島塗蒔絵ボールペン「雅風」
TACCIA (TACCIA)

TACCIAはカリフォルニア生まれの上質で気品のある
ラグジュアリー筆記ブランドです。全世界で永く人々に愛される
筆記ブランドであるために、心地よさと快適さを日々追求しています。

TACCIA
T・MBH (T・MBH)

革小物司・岡本拓也の革製品。
「呼薫ペンケース」
「ソフト」で「堅牢」であることを極めました。非常に堅牢なクロコダイルを表に、吸いつくようなソフトなペッカリーを内装にした贅沢な作りです。

呼薫 2本ペンケース:ポケットに入れる為の2本用万年筆ケース。
TETZBO (tetzbo)

fe factory 鉄ボーは、オリジナルドアハンドル・本格的ロートアイアン製品の制作販売ファクトリーです。合言葉は『この世に一つ!』こだわりの御注文に応じます。

豊岡クラフト (Toyooka Craft ltd.)

・木製万年筆箱、トレイ(新商品、静岡県産ヒノキ材、特別仕様品)、ペンスタンド等万年筆関連収納品
・木製ステーショナリー(新商品、静岡県産ヒノキ材、デスク廻り品)

万年筆箱
ナガサワ文具センター (NAGASAWA)

・NAGASAWAオリジナル万年筆 各種
・東京インターナショナルペンショー先行販売オリジナル万年筆
・NAGASAWAオリジナルペンケース各種
・KobeINK物語全集
・関連商材
・お買い上げ特典あり

KobeINK物語

ノウト (nouto.co)

・万年筆愛好家に向けた、新しいブロッターシステムのご提案
・手紙を書くのが楽しくなる、ひとひねりのある紙製品の販売

BackStreetFactory (BackstreetFactory)

町工場の技術で、手に取って頂いて初めて「面白い・感動するもの」を目標に商品開発に取り組んでいます。千代切紙という和柄を切抜きした折り紙、日本付箋ジャパネスク、人型付箋メンモ・文字付箋デンモはメディアにも多数取り上げて頂いております。

千代切り紙/日本ふせん「招き猫」
林 克郎 (Katsurou Hyashi)

元セーラー万年筆の「老師傳」こと長原御大に、特注でお願いした貴少な万年筆を展示、特に有名な「竹シリーズ」を中心に手に触れて頂き、その功績を忍びたいと思います。

ひととせ (Hitotose)
”ひととせ”一年、1年間。この言葉の響きに心引かれ、
日本の四季を伝統的な意匠の紋を使って、シンプルな
一筆箋やそえぶみ等を文具にしました。
plus Orange (plus Orange )

特殊印刷加工技術で表面に凹凸をつけた独自の紙素材「革のような紙」「印傳のような紙」を使った商品を展示します。「紙以上、革未満」の見た目と手触りをぜひ体感してください。

+lab(プラスラボ®)山櫻 (YAMAZAKURA CO.,LTD.(+lab))

+labは「うふっ」となる紙文具をつくっています。ショーでは、ペン=書くもの、紙=書かれるもの、と捉えメッセージカードをはじめとした、ことばを贈るための文具とペンなどの文具をモチーフとした雑貨を販売します。

伝書紙
文具館コバヤシ豊田店 (BUNGUKAN KOBAYASHI)
静岡市に5店舗、焼津市に1店舗を構える文具店です。静岡に縁のあるものからイメージしたオリジナルインク8色と、オリジナル万年筆2種を出品します。
他にも当日新発売のオリジナル品を出品予定です。
文具の蔵Rihei (Rihei ~Mt.Fuji Stationery Shop~)

9月発売予定新商品  富士山世界遺産万年筆vol.6
宮洋墨(みやいんき)
富士ひのきボールペン
富士ひのきシャープペン
富士山蒔絵ペン
富士ひのきご朱印帳
その他富士山文具

宮洋墨(みやいんき)
ブングボックス (BUNGUBOX)

オリジナル万年筆とオリジナルインクを中心に周辺製品などを展開致します。
このショーで初お露目の何かがあるかもしれません。「パイロットの万年筆組立教室」もブングボックスブースにて開催予定!どうぞお楽しみに!

helico (helico)

20代前半万年筆と出会い、素材の良さを活かした個性的な万年筆を作ってみようと独学で万年筆を作り始め2013年「helico」を創業。アクリルや希少木材などの素材を独自に仕入れ、ペン作りを行っています。

Pen and message. (Pen and message.)

ウォール・エバーシャープ万年筆  万年筆銘木軸こしらえ
オリジナルペンケース       カンダミサコシステム手帳
ペンシース            オリジナルシステム手帳リフィル筆文葉
ル・ボナーペンケース       オリジナルインクなど。

カンダミサコシステム手帳
ペンズアレイ タケウチ (PEN’S ALLEY Takeuchi)

①オリジナルインク(ワインを片手に、シェーカーグリーン、グリーンハート、ストーンズブラウン、紅嬢、かげろう、危険な色、桃色のため息、山崎グリーン、さりげなく)
②インクボトル〈ホタル〉
③オリジナルノート
インクボトル〈ホタル〉

世界の筆記具ペンハウス (Pen-house)

今回のペンショーでは「Pent〈ペント〉」の商品を中心に販売。「Pent〈ペント〉」は逸品にこだわり発信するペンハウスのオリジナルブランドです。

シンフォニーアダージオ
ペンランド+コメ兵 (PEN-LAND CAFE / KOMEHYO )

愛知県名古屋市大須にて、あらゆる状態、メーカー、年代の万年筆でもメンテナンスを行うPEN-LAND CAFEと、創業70年を迎え、リユース筆記具を通じて手書きの喜びを感じていただき、こだわりを持つことの豊かさを提供するKOMEHYOがコラボ出展いたします。万年筆の中古品を約100点取り揃えております。

 

ビンテージ万年筆がたっくさん!
満津金 (Kyohashi MATSUKIN )

京橋に宿る町の記憶や江戸の価値観を未来に継承していくことをテーマとする印刷店。御朱印帳、江戸町火消錦絵などを販売。新作「竹紙で作る名入れ一筆箋」は海外の方にも人気。ご贈答としても大変喜ばれています。

竹紙で作る名入れ一筆箋
山本紙業 (YAMAMOTO PAPER)
1972年創業の紙問屋、山本紙業です。試し書き専用メモパッド “Paper tasting” で様々な書き心地をお楽しみください!
またカリっとした書き心地の “RO-BIKI NOTE” もどうぞ!
試し書き専用メモパッド “Paper tasting”
リオン (Reon)
<スタジオ嘉硝>工芸用ガラスで世界的に有名なアメリカのガラスメーカー、ブルズアイ社のソーダガラスを使い、他に類を見ないガラス製品を企画、製造していくスタジオ嘉硝のガラスペン。
書具シリーズより、「墨流し」ガラスペン
ロンド工房 (Rondo Werkstatt Co.Ltd)
さあ、万年筆インクでぬりえをしてみましょう!
万年筆やガラスペンでインクを置き、水筆でのばすだけで簡単に美しいグラデーションが作れるんです。「カルトドゥコロリアージュ」は色が乗りやすく耐水性のある紙を使用しているので、万年筆ぬりえにぴったりの商品です。会場で試筆ができるので、ぜひお試しくださいね。
カルトドゥコロリアージュ
渡邉製本(BOOKNOTE)

創業70年の製本工房「渡邉製本」がこれまでの経験を活かし、「使いやすさ」にこだわったノートを作りました。書く楽しさ、造本の美しさ、本づくりに対するひたむきな想いが詰まった、ただのノートブックじゃない、「BOOKNOTE(ブック ノート)」です。

BOOKNOTE

<海外出展>Overseas

Musubi (シンガポール Singapore)

手作り手帳、ノート、ペンケース

Manu Propria Pens (スイス Switzerland)

2013年に日本の伝統的な漆塗りエボナイト万年筆メーカーとしてスイスのベルン、イッティンゲンに設立されたメーカー。”MANU PROPRIA”とは「手書き」を意味します。すべての万年筆は一人でアトリエで手作りしています。

Manu Propria Pens

YaChingStyle(台湾 Taiwan)

ディップペン(つけペン)だけでなく、万年筆のようにコンバータ/カートリッジが使えるガラスペンです。ガラスペン先はどれも手作り。700℃もの高温で形作られます。

Morastylos (フランス France)

Gerardo Foglia  (Erfobay) (フランス France)

フランスの万年筆ディーラー。ハイエンドの限定モンブラン万年筆が並びます。

High-end Montblanc limited edition (Artisans) pens