Urushi Art Hariya

うるしアートはりや

漆にて絵を描く「蒔絵」技法にて加飾したモノを製作しています。素地を選んでもらい蒔絵を施す、オーダーメイドも承っております。※持ち込み不可

石川県加賀市の山中温泉にて工房を構えております。山中漆器の産地の蒔絵師の工房です。
従来はお茶道具の棗や香合に蒔絵を施す蒔絵師でしたが、現在では蝶貝や琥珀、べっ甲など様々な素材に手描きにて蒔絵を施し、アクセサリーやジュエリーなどを製作しています。最近では、アイテムの種類も増えて、ボールペンや万年筆、文具箱などの文房具にも蒔絵を描いています。
うるしアートはりやでは山中漆器の加飾部門の伝統工芸士が4人在籍しそれぞれが制作したものを紹介しております。

「蒔絵(まきえ)」とは、漆で絵を描き乾く前に金属粉を蒔き付着させ、定着させた後に研いで磨いて仕上げる日本でのみ発展した伝統技法の一つです。金属粉を蒔くところから「蒔絵」と呼ばれています。他にも螺鈿や卵殻なども蒔絵の表現技法の一つです。
様々な技法を組み合わせて絵を描く技法です。

今回は工房 楔の木軸や伊東屋オリジナルのロメオなどに蒔絵を施したボールペン、黒柿の箱などを展示販売予定です。

オーダーメイドについて
素地を選んでもらい蒔絵を施す、オーダーメイドも承っておりますが、お手持ちのペンに蒔絵を施す等の持ち込みでの制作は不可とさせて頂きます。木軸などの場合塗装がオイル仕上げですと漆との相性が悪く蒔絵が施せない等の可能性がございますので、基本的には弊社にて用意したペンを選んで頂き蒔絵を施すという形での承りという事になります。

ご来場お待ちいたしております。

株式会社 うるしアートはりや

Urushi Art Hariya

Official HP・Online Shop:http://urushiarthariya.com

    出展商品カテゴリー
    -Type of product-

    メインデッシュ=目玉商品を探せ!出展者をご紹介します
    Find the highlight product!Introducing exhibitors

    ページトップ▲