コロナ対策 -Preventing Covid-19-

この度の東京インターナショナルペンショー開催につきまして、下記のような新型コロナ対策をし、万全を期して開催に臨みます。

  1. 開催関係者及び出展者

    ・スタッフ(出展者・ボランティア)の毎日の検温・手指の消毒
    ・出展者のマスクの着用
    ・行列・密が出来ないように前売り(予約販売)などの工夫
    ・接触確認「COCOA」の登録の義務付け
    ・定期的なブース内(テーブルや商品)の消毒
    ・トークショーで使用の椅子の毎回の消毒作業
    ・会場内の要所にアルコール消毒液の設置

  2. ご来場者

    ・入場時の手指の消毒、マスク着用の確認及び非接触型体温計による検温の義務付け。体温が37.5度以上の方は入場をお断りする。
    ・来場者のソーシャルディスタンスの確保。ブースでの購入時に密にならにように意識して頂く(声掛けなど)
    ・接触確認「COCOA」等の登録の推奨

  3. 会場

    ・リニューアルオープンしたばかりの浜松町館は清潔な上、16分に1回、会場内の空気を入れ替える換気システムが導入されています。
    ・入場チケット、限定インクを事前販売にし、現金の直接収受をなくすことで感染のリスクを減らします。
    ・来場者は入れ替え入場制とし、瞬間滞在者数を上限200人とし、1時間半から2時間ごとに総入れ替えします。入れ替えの時間を30分設けています。その間に次のお客様のお迎え準備をします。

withコロナでの開催ですが、出来るだけのリスク回避を考えた開催です。ご来場の皆様にも、何卒ご理解ご協力をお願い申し上げます。

東京インターナショナルペンショー実行委員会

ページトップ▲